RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

自動運転キット11万円で発売

2020.07.22/カテゴリ:

米国の新興企業

15分で取り付け完了

写真=自動運転キット カーナビのような自動運転装置

 

写真=自動運転キット ケーブル類

 

自動運転車を手がける新興企業comma.ai社(米国)が、わずか15分の取り付け作業で自動車を完全自動運転カーに改造できる11万円の手作りキット「comma two devkit」を今年から発売し、話題を呼んでいる。
取り付けツールには、小型機器と接続ケーブルなどで、取り付け作業は15分ほどで終わるとのこと。


 トヨタのプリウスやカローラ、レクサス、スバル・インプレッサ、ホンダ・シビックやオデッセイなど、50車種以上が対象となっており、その中でも前走車との適切な車間距離を維持する「クルーズコントロール」と自動で車線中央を走行するように調整する「車線逸脱防止支援システム」を搭載した車種で使用ができるとのと。


使い始めるには、車に最初から組み込まれているクルーズコントロールシステムの「設定」ボタンを押すだけ。
ドライバーが操作することなくアクセル、ブレーキ、車線維持が実行できる。


ドライバーは、ブレーキまたはアクセルペダルを踏むことで、いつでも車の制御を代わることができる。
なお、現在の日本における自動運転カーの運用は、国交省が法整備などを進めている段階で、使用はできない。

 

 

 

 

 

 

 

※トラック情報社 物流新時代 提供※