RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

30の福利厚生を完備  茨城・十和運送

2021.03.11/カテゴリ:

「婚活」「妊活」も会社が支援

奥さんのイメージ変わり、求人効果も

写真=田上社長

写真=福利厚生の内容ををパンフレットにまとめて配布 家族へのPRにもなっている

 

運送業界では人材確保のために福利厚生に力を入れるところが増えているようだ。

運送・倉庫保管・流通加工などを行う十和運送㈱(田上貴義社長、茨城県つくばみらい市)は、

2020年3月から「30の福利厚生」の制度を運用し、福利厚生を充実させている。

同制度では雇用形態に関係なく、全ての従業員が30個ある福利厚生を利用できる。その内容をまとめたパンフレットを従業員に配布している。福利厚生は、独自の休暇付与、安全靴の購入補助や安全手袋の支給、結婚や出産祝い、入学祝い、資格取得祝い、婚活補助、建墓祝い、歯科検診費用の補助など、バリエーション豊かなことが特徴だ。


2019年4月から、使用者は全ての労働者に対して、年5日の有給休暇を取得させることが義務付けられている。
これを受けて、同社は5日間の有給休暇を取得した人に、追加で1日間の休暇(パワーバランス休暇と呼んでいる)を付与している。


これにより、積極的に有給休暇を取得する従業員が増え、休みが取りやすい雰囲気になっているという。


消耗品の支給・購入補助も好評だ。作業手袋は2か月に1回の頻度で支給する。

安全靴は年1回、購入額の半額を最大2000円まで補助する。


入学祝いでは、従業員の子どもが小学校・中学校・高校に入学したとき、高校を卒業したときに、それぞれ1万円を支給。担当者は、「高校を卒業するときのお祝いは、親御さんへのねぎらいの気持ちを込めています」と話す。

 

 

 

 

 

 

※トラック情報社 物流新時代 提供※