RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

コロナ禍、「給料」「会社の安定」求める声多く

2021.01.19/カテゴリ:

ジンジブ 高校生の就職活動に関するアンケート

「会社のホームページ」参考43%


写真=ジンジブ 写真

 


高校生の新卒採用支援を行っている㈱ジンジブ(東京都)では、求人票が解禁になる7月に合わせて高校生の就職活動に関するアンケートを行い、このほど結果を発表した。
調査は6月30日~7月7日、インターネットで、15歳~18歳の全国の高校生1026人に実施した。有効回答は792人(うち就職希望者105人)。


「どんな会社であれば入社したいと思いますか。 あてはまるものを3つまで選んでください」の質問では、「休日数や給料などの待遇が良い」(73.9%)が最も多く、2番目が「人間関係が良い」69.3%、3番目が「会社の安定性」45.1%だった。


4番目が「家に近い」21.1%、5番目「会社の考え方に共感できる」19.3%、6番目「成長ができそう」18.6%、7番目「有名な会社」11.7%と続いた。
そして、「会社の情報を収集する際、求人票以外でどのようなものを見ていますか」の質問には、多かった順に、「会社のホームページ」43.9%、「会社の採用ページ」27.1%、「求人サイト」25.6%、 「会社パンフレット」15.5%、「会社が運用しているSNS」13.3%だった。


ジンジブの佐藤純子広報課長は、入社したい会社のアンケート結果について、「以前は、会社を選定する際、重要だと思うポイントは、『人間関係が良い』が最も多かったが、『給料などの待遇が良い』『会社の安定性』
が上位にきているのは、新型コロナ感染が影響していると考えられます」と分析。
 また、求人票以外の情報収集については、「求人票以外に会社のホームページや採用サイト、求人サイト、SNSなどを見ていることが分かります。求人票では情報が少なく、求人票だけでは選んでいません。学校でも求人票以外に会社のサイトを見なさいと指示があります。フェイスブックやツイッターでどういうことが書かれているか、高校生はますます注目する傾向にあるのではないでしょうか」と話している。

 

 

 

 


※トラック情報社 物流新時代 提供※