RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

ベテランの通行ルートをそのまま地図表示

2021.05.06/カテゴリ:

新人ドライバーも配送しやすく!

配送計画ひな型作成機能

写真=配送計画ひな型作成機能の画面

 


㈱オンラインコンサルタント(神奈川県)は、同社が提供している「ODIN(オーディーン)リアルタイム配送システム」に、「配送計画ひな型作成機能」を追加した。
トラックの運転で目的地までの道順は経験によることも多く、新人ドライバーが育つのに時間がかかってしまうという問題があった。ベテランドライバーが通行したルートをそのまま配送計画として使うことができれば、配送も早くなり、新人ドライバーの教育にもなる。


「配送計画ひな型作成機能」では、ベテランの通行ルートをアプリでそのまま地図表示するもの。ドライバーが走った道をそのまま配送計画として登録することもできる。
登録した配送計画のひな型は、クラウドを通して運行管理者が閲覧することができ、その履歴から最適なルートを選択しドライバーのアプリに地図を送ることも可能。

ひな型の登録の際にはルートに関するコメントも追加できるため、よりよい情報共有が期待できる。


 ODINリアルタイム配送システムは、ドライバーのスマートフォンのGPS機能を使い、運行管理者が配送計画とその進捗(しんちょく)状況をリアルタイムに把握することができるサービス。ドライバーがスマートフォンを持って走行しているだけで運行管理者は計画と現場の一致状況とズレを視覚的に確認することができ、延着や遅延が生じた場合、荷主への速やかな連絡を可能とする。


 同社では、「サービス開始以来、お客様からルートが分かりやすくなったという声を多く聞いています。

コロナ禍においては、運行管理者・ドライバーのリモートワークや非対面(非接触)を実現することができる、という声も頂いています」と話している。

 

 

 

 

 


 

※トラック情報社 物流新時代 提供※