RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

『晴れの国天空ノ郷プロジェクト』を発足  物流情報システム

2021.04.23/カテゴリ:

クラウドファンディング立ち上げ

写真=手ぶらでアウトドアが体験できる! ホームページより

 

㈱物流情報システム(國松貞伸社長、大阪市中央区)は、岡山県津山市にある2棟の民家を宿泊ができるように再生し、

手ぶらで来ても敷地内で手軽にキャンプ体験もできる新しい空間『晴れの国天空ノ郷プロジェクト』を発足させた。
運営は関連会社の㈱RTL(大石朋子社長、大阪市西区)が行う。


 プロジェクトの対象となる宿泊施設は岡山県津山市にあり「Yukishimo」(敷地面積約1300坪)と、古民家を改装した「Nakakitashimo」(敷地面積約1000坪)の2棟。
 宿泊施設の敷地内にテントを張り、キャンプができるスペースを整地。
キャンプファイヤーやバーベキューなどの過ごし方ができる。
 宿泊棟はリビングや台所、寝室の他にもワークスペースも兼ね備え、サテライトオフィスとしてビジネスにも利用できるように、Wi-Fiや電源環境、プリンターなどオフィス機能を充実させている。


近くにはスーパーやコンビニ、道の駅があり、カヌー体験ができる奥津湖、温泉地奥津温泉、スキー場もある。
大石社長は、「こんな時こそ、たくさんの子供たち、そして大人たちもアウトドアの魅力に存分に触れてもらいたい、その入口を作れないかという想いから始めました。気軽に『本物の自然を体験』して、アウトドアの魅力を全身で感じてもらいたい」と話している。
 物件の状態は良いが、お客を迎えられるレベルまで改装や整備が必要な状態で、同社では現在、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を立ち上げている。募集期間は3月14日まで。詳しくはCAMPFIREのWEBサイトまで。


 
  

 

 


※トラック情報社 物流新時代 提供※