RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

道産食品と建材混載しトレーラーによる輸送

2021.07.02/カテゴリ:

また、北海道物流開発㈱(札幌市)などは昨年、道産食品と建材を混載したトレーラーによる北海道―関東間の輸送実証実験を行ったが、今年中に本格的に運用を開始する。


実証実験の流れは、北海道の運送会社が、道北のホッケやホウレンソウといった冷蔵・冷凍品を集荷し、最適な温度状態を保てるコールドロールボックスに入れた上で、苫小牧営業所まで運搬。同時に、住宅資材商社が提供する建材を同営業所に輸送。


そして、食品と建材を別の運送会社の20トントレーラーに混載する。建材は長尺重量物の2段積みを可能とするラックに載せ、コールドロールボックスと共に積み込み、次にフェリーで苫小牧港を出発し、東京港に到着し、到着後は、東京都の運送会社の拠点に運びこむというもの。


共同配送は、人手不足、CO2削減、働き方改革への取り組みに有効でさらに活発化する可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

※トラック情報社 物流新時代 提供※