RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

本紙連載マンガ「セイコの旗」 カンヌ国際映画祭を目指す

2021.12.17/カテゴリ:

現在、物流新時代の第一月曜日発行分で物流の女神「セイコの旗」が連載されているが、これは、トラックドライバーの人材確保が課題となる中、3K(きつい・汚い・危険)のイメージを払拭し、社会のインフラの役目を果たすトラック運送業界に人材を呼び込むために企画された。
 実在する誠幸運輸倉庫㈱(澤田隆久、大阪市西淀川区)を題材に、 マンガを通じて企業ブランディングを行う㈱アンシャントマン(松山秀俊社長、大阪市西区)がマンガを担当し、昨年10月から連載がスタートした。

写真=会議はオンライン上で開催 メイン画面はアンシャントマンの松山社長


 そして、このほど、物流事業者やマンガ製作者らが参加し、

「セイコの旗 カンヌ国際映画祭出展を目指す会議」がオンライン上で開催された。


これは、「セイコの旗」を、フランスで行われる「カンヌ国際映画祭」への出展について話し合ったもので、会議を主宰した松山社長は、「夢のような話だが、業界を盛り上げるには、夢を追いかけることが必要。若者が親しみやすいマンガや映画は明るいイメージを伝えやすく、イメージアップに有効。カンヌ映画祭に出展することでトラックに興味を持つ人を増やしていきたい」と話す。

 

 

 

 

 


※トラック情報社 物流新時代 提供※