RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

H30.9.3. 女性社員限定★自分を知ってスキルアップ!コミュニケーションセミナー参加報告

2018.10.04/カテゴリ:セミナー・イベント情報

 

女性社員限定のコミュニケーションセミナーに行ってまいりました。

コミュニケーションアップの極意をたくさん学んできました。
それでは、どうぞご覧ください!


講師:福住昌子(フクズミ マサコ)先生

講師略歴:中小企業診断士

     国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)

     ミノルタ株式会社(当時)で商品企画、事業企画、事業所長秘書等に従事し

     2003年10月にコンサルタント、プロフェッショナルコーチとして独立。

     専門分野は,人材育成,組織・チームづくり、コーチング など

まず、グループごとに席にそれぞれディスカッション型で座りました。

マサコ先生からは「無言で同じグループの人を観察すること」と言われました。

「どんな人だろう?小さい頃はこの人はどんな子供だったのか?趣味は?どんな仕事をしているんだろう?

休日は何をしているんだろう?」と妄想を膨らませて、観察してくださいという内容です。

そして目の前のペアになった女性と少し気まずい中、見つめあい観察させて頂きました。
服装、雰囲気から観察をしつつ、自分の印象をペアの方にお聞きすると、
よく観察されていて結構当たっておりびっくりしました。
逆に私は少ししかあたりませんでした。
ただ、マサコ先生曰く無言で観察して妄想を膨らませて頂くことが大事なので

あたらないのは当たり前だとのことでした。


●観察力
相手の「何を」「どこを」見て判断しましたか?との先生の問いに、会場の女性の皆さんの返答は

→ペアになった方の表情・雰囲気・服装・髪型・なんとなく・体格etc........

↓↓

↓↓

「非言語」の発信力がここで生まれる。

 

●対話による理解

自分が相手(未知)に対して予想、仮設を立て確認し理解を深める

 

■今回、なぜこのようなコミュニケーションセミナーを開催するにあたったかの経緯をマサコ先生はお話されました。

1.最近の働き方のキーワード

*働き方改革⇒⇒残業を減らして、生産性を上げましょう!不要な会議は減らしましょう!

*健康経営⇒⇒社員さんの健やかな健康を保つ:体と心

*多様な人材(ダイバーシティ)⇒⇒多種、多様な人材

2.女性の働き方

雇用形態:正規雇用/非正規雇用

     転勤OK/地域限定

勤務時間:フルタイム、短時間勤務

シフト勤務、フレックス勤務

勤務場所:テレワーク(在宅勤務)   など

↓↓

↓↓

☆最近の働き方キーワードから、残業を減らして生産性を上げ不要な会議を減らして

時間の効率化を図ることによって、コミュニケーションが犠牲になっていませんか!?

年下上司・年上後輩などコミュニケーションが、取りにくい方との関係づくりに困っていませんか!?

等の、問題解決に役立てるためにこのセミナーを開催されたとのことでした。

 

■自分のスタイルを知り,様々な人のスタイル別の特徴を知り関わり方を知ることが大事とのことで

マサコ先生の質問から、数字を出し合計点が高い数字で

A:アネゴ B:きちんと着々 C:盛り上げ名人 D:気配りサポート の4つのタイプを割り出されました。

そして、タイプ別にグループごとに座りグループで意見交換やディスカッションをし以下意見を発表となりました。

*こんな風に褒めて欲しい→→    完結に、具体的な理由も含めて褒めてくれる、とにかく良い!と褒めてくれるetc...

*こんな褒められ方はイヤ→→    誰にでも出来るような褒められ方はイヤ、褒めてくれるなら何でも嬉しいetc...

*こんな風に叱って欲しい →→   何がダメだったのか分かるように叱って欲しい、改善点を一緒に考えるような言い回  しで叱って欲しい、とにかく叱られたくないetc...

 

■男性性と女性性のリーダータイプ

男性性が強いと・・・問題解決、成果、有能性を重視し発信力が強く論理的なリーダーとなる。

女性性が強いと・・・共感、協働、関係構築を重視し受信力が強く感覚的なリーダーとなる。

 

☆ここがポイント!!

★コミュニケーションの成果=「相手の反応」→それぞれのタイプによって違う風に受け取られてしまわないように、

相手を観察し、言い回しを気を付けて話すことが重要!

★コミュニケーションとは観察する→→合わせる→→心がつながる→→伝える

★相手を尊重して聴く→→相手のペースに合わせて反応する

・外見(目、姿勢、動作、表情)で観察 →→ 「うなずき」で反応

・声(大きさ、トーン、速さ)    →→「あいづち」で反応

・ことば            →→「繰り返し」で反応        

を気を付けることで聞き上手になれる!!

★好奇心を向けて理解する

共感=同感・・・自分のタイプを見て、相手に合わせる

 

相手の「言いたいこと」「気持ち」理解する・・・相手を理解し聞き上手になることで、次に動きやすい(行動)しやすくなる。相手の意見を汲み取ってから自分の意見を言うことが出来る。

 

★伝えにくいことの伝え方

(1)時間をずらす

(2)あなたに共感+私の意見

①「相手」の言いたいことを想像する

②「私」の意見・要望( I メッセージ)

最後に地域密着のお菓子とコーヒーを頂きながら、女性の方々とミニ交流会をしました。

とても有意義な1日となりました。

 

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

リアルタイム物流ポータルサイト   ポータルサイト事業部