RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

H30.9.14 事業継続計画(BCP)策定セミナー地震などの災害対策と情報セキュリティ~脅威に負けない組織作り~参加報告

2018.11.05/カテゴリ:セミナー・イベント情報

地震などの災害対策と情報セキュリティを学べるセミナーに参加してきました!

昨今はとても災害が多いですよね、地震、洪水、猛暑などなど・・・

それだけではなく、情報セキュリティが漏れる脅威が沢山あります。

便利な世の中になりましたが、その分企業にとって気をつけなければいけないことが増えました。

どういった対策をすればいいのか、詳しくご説明頂けたのでとても勉強になりました。

それでは、どうぞご覧ください!

第一部講師:高柳 潤(タカヤナギ ジュン)先生

講師略歴:〇資格

     英国BCI認定事業継続プロフェッショナルメンバー

     日本防災士機構認証 防災士

     〇経歴

     外資系企業・国内企業・官公庁における各種リスクマネジメント

     (事業継続、防災、危機管理など)のコンサルティングに従事するとともに

     海外在住経験と高い語学力を活かし、日本企業のグローバルリスク対応も手掛ける。

     また、大阪府商工会連合会事業継続計画策定支援研究委員会委員として

     中小零細企業を対象としたBCP普及活動を行う。

   URL:http://www.minerva-veritas.co.jp/index.html

●なぜ今、事業継続計画(BCP)が必要とされているのか?

・家畜伝染病

・伝染病、感染症

・自然災害

・テロリズム

・情報セキュリティ事故

・サプライチェーンの途絶

▼言い訳・・・「想定❝外❞」の脅威

⇓      ⇓       ⇓

▲当然・・・「想定❝内❞」の脅威

重要 ❝災害リスク(自然災害,人為災害)が高まっている

【写真資料=震災リスク「南海トラフ巨大地震」】

 

◎まとめ 

企業の存続にBCPは必要不可欠です!

事業の永続性を求めるのであればBCPの策定とBCMの構築に取り組みましょう!

 

第二部講師:大阪府警察本部

      近畿管区警察局 大阪府情報通信部

 

■サイバー攻撃の脅威■

●サイバー空間を取り巻く現状

・スマートフォンやIOT、PCの発達

・仕事でもITで効率化

・便利になったが、その分リスクも出てきた!

●サイバー攻撃の一例

▼平成29年5月~7月大阪大学

不正アクセスにより、教員、学生の個人情報8万件流出漏洩

教員AのIDPWから不正アクセス⇒⇒教育用計算機システムに不正ログイン

▼仮想通貨取引所

不正アクセスで仮想通貨流出:580億円流出

この事例から、今後開催の大阪サミットや東京オリンピックもサイバー攻撃の危険に晒される可能性が多いにある!

●まとめ対策

▼標的型メール対策

【まずはここから始めましょう】

①OSやソフトウェアは常に最新の状態にしましょう!

②ウィルス対策ソフトを導入しましょう!

③パスワードを強化しましょう!

④共有設定を見直しましょう!

⑤進化するセキュリティ脅威を知りましょう!IPAの対策サイトで勉強を!

⇓  ⇓  ⇓

それでも被害にあってしまったら・・・

ただちにPCのLANケーブルを抜いてから、システム担当者、

もしくは公的機関に問い合わせが大事!

■大阪技術相談窓口 無料

0725-51-2525

平日9:00~12:00 13:00~17:00

 

 

以上となります。

沢山のことを学ぶことが出来、とても有意義な1日となりました♪

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアルタイム物流ポータルサイト   ポータルサイト事業部