RealTime

物流ニュース

ここでしか見れない独自記事満載。リアルタイムの物流ニュースをお届け。

物流ニュース

AD

広告掲載スペース

広告掲載スペース

【ザ・運送男子】  松元サービス・今玉利さん

2019.11.28/カテゴリ:

楽器が取り持った縁

写真=「トラックドライバーは天職」と話す今玉利さん

写真=学生時代、全国大会でクラリネットを吹く今玉利さん

 

㈱松元サービス(大阪府東大阪市)働く今玉利(いまたまり)友也さん(30歳)は、高校、大学と吹奏楽部に所属し、クラリネット奏者として活躍。大学生のとき、楽器輸送ができる運送会社を探していたが、ホームページで松元サービスを見つけ、仕事を依頼。その後も定期的に依頼することとなった。


 大学を卒業したが、自分のしたいことが見つからず、フリーター生活を送っていたが、卒業して2年経った頃、たまたま新聞の折り込みチラシに松元サービスの楽器輸送担当者募集の求人広告に目が留まった。
「あっ、あのときの運送会社だ。楽器の輸送?」。もともと車の運転が好きだったこともあってか、そのとき初めて働きたいという意欲がわいたという。


応募して採用され、今、6年目となる。4トン車でフリー便を担当するが、やはり、楽器輸送のときが一番テンションが上がる。中学高校大学や社会人の演奏会の楽器輸送を担当し、楽器輸送ではリーダー的存在だ。
「トラックは自分にあっている。やってよかった。やりがいを感じてます」と胸を張って話している。


 

 

 


※トラック情報社 物流新時代 提供※